公演情報 2018.06.11

11月上演 森新太郎演出『The Silver Tassie 銀杯』に中山優馬の出演が決定しました

2018年11月世田谷パブリックシアターでは演出・森新太郎、出演・中山優馬の初顔合わせで、『The Silver Tassie 銀杯』を上演いたします。

日本演劇界を代表する演出家の一人であり、今まさに旬な演劇人である森新太郎により、アイルランドの劇作家ショーン・オケイシーが書いた『The Silver Tassie  銀杯』を本邦初演で上演いたします。出演には中山優馬が決定し、歌あり、笑いあり、涙ありの賑やかな“反戦悲喜劇”の幕が開きます。

『The Silver Tassie 銀杯』は今から90年前の1928年に書かれ翌年ロンドンで初演された作品です。その約1世紀前の作品を、森と中山が現代の日本にどのように甦らせていくのか?
今秋話題の演劇作品になること必至の『The Silver Tassie 銀杯』にぜひご期待ください。

HP用森新太郎中山優馬

 

◆演出・森新太郎 コメント

第一次大戦中、約20万人のアイルランド人がイギリス兵として戦場に向かった。それは、イギリス帝国内でアイルランドが対等の立場を得るための、積極的な戦争協力であった。すぐにイギリス側が勝利するという楽観的な憶測は外れ、戦争は長期化、地獄のような塹壕戦を兵士たちは味わうことになる。そして大戦の終結から10年後、ショーン・オケイシーはこの戯曲を書いた。一種の反戦劇である。

その数年前から、ダブリンの下層民たちを描いた悲喜劇「ダブリン三部作」によって、彼の名はすでに世に知られていたが、それらは常に物議を醸していた。彼は笑いをふんだんにまぶしながらも、市井の人々のありのままを描写した。そこに描かれたダブリン市民の欺瞞・不寛容・残酷さは、当時の愛国者たちにとって受け入れがたいものだった。その為、時に上演は妨害され、暴動にまで発展したと言う。『The Silver Tassie 銀杯』に至っては、劇場側が上演自体を拒絶したため、初演はロンドンで行われた。本作品では、ダブリンにおけるありふれた日常と、戦場における極限状態とが対比的に描かれる。そのどちらにも等しく‘暴力’が存在するということを、オケイシーは人々に訴えたかった。

 ロンドンの初演から90年、おそらく今回が日本での初演となる。彼の鳴らした警鐘は、現在の我々にどう響くであろうか。他に類を見ない、この奇妙かつパワフルな反戦悲喜劇を、どうか劇場で目撃していただきたい。

 
2018年11月
会場 世田谷パブリックシアター
作:ショーン・オケイシー 翻訳・訳詞:フジノサツコ
演出:森新太郎
出演:中山優馬 ほか


【お問合せ】世田谷パブリックシアターチケットセンター
03-5432-1515(10:00~19:00 年末年始を除く)
http://www2.setagaya-pt.jp/
※詳細は随時劇場ホームページにてお知らせいたします

【主催】公益財団法人せたがや文化財団  
【企画制作】世田谷パブリックシアター  
【後援】世田谷区
【協賛】トヨタ自動車株式会社 東邦ホールディングス株式会社 Bloomberg
【協力】東京急行電鉄株式会社

—————————————————————–

【世田谷パブリックシアター友の会先行のご案内】
本公演では劇場友の会会員の先行・割引発売を行います。いち早くチケット先行の機会を得たい方は、これを機に、ぜひお申し込みをご検討ください。
詳細はこちら

また、世田谷区在住の方を対象にした「せたがやアーツカード」先行・割引発売、24歳以下の方を対象にした「U24」割引発売などを行っております。
詳細はこちら